オーニング修理

久々の投稿です。
今回はオーニングのカバーが劣化したて穴が開いてしまいました。
画像


部品を交換しないと駄目ですね。
型式も古いので同じ物があるか心配だったので電話で相談しながら注文しました。

注文して3ヶ月。
部品が届きました。

しかし・・・古いカバーを取外しするも劣化しているので手で触るたびにバラバラに

後は祈る思いで新品のカバーを取付けしてみます。

あ〜



やはり合わないのか〜

3ヶ月待ったのに・・・

返品も考えましたが加工して取付けする事を選びました。

カバーの中を削り、壁側の見えない側に切れ込みを入れコーキングで取付てみました。

画像


あら?チョットずれてしまいましたがこれで完了にします。

万力で固まるまで固定したんですが・・・やはり熱でズレてしまうんですね。 残念、‼️



ポチットお願いします。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

かむぱぱ
2017年06月11日 12:21
FIAMMも古くなると合う部品無いんですね。ものともせず加工して処置するのは流石です
おじゃる
2017年06月11日 13:11
かむぱぱさん コメントありがとうございす。
また3ヶ月待つのも返品もしてくれない感じでしたので迷わず加工してしまいました。
カバー無しでは中が劣化しちゃいますからね。
でも曲がってるのが・・・(T_T)